盛岡市中央卸売市場

盛岡水産株式会社

ID  パスワード

事業紹介

事業紹介

経営理念「食材の安定供給を通じて地域に貢献します」

盛岡中央卸売市場は盛岡市民の血税によって整備され、運営されております。
法律によって卸売業者の許可を受けた当社が、第一義的に目指すべきものとして、この言葉を選び、永く謳うものであります。

盛岡水産アジェンダ2018(行動宣言)

  1. 正確な情報をより早く伝えられる仕組みを構築して、顧客のニーズに応えます。
  2. 全ての仕事について責任と分掌を明確にして、より良くより早い結果を生み出します。
  3. 取引先の信頼に応えられる人材を育成します。
  4. 働く人にとって働き甲斐のある職場の実現を目指します。
  5. 各種法令や内外の諸規範を遵守し、違反や脱法行為を許さない組織を目指します。
企業理念を実現するにあたって、役職員が行動すべき指針を「行動宣言」という形で内外に発信しています。


鮮魚部

鮮魚部
鮮魚部一般鮮魚課

一般鮮魚課

 一般鮮魚課では、アジ・サバ・イワシ・サンマ・カツオ・イカの他に小型のマグロ類など、消費者の皆様の食卓になじみのある鮮魚を扱っています。
北海道から沖縄まで日本全国から新鮮な魚が集まってきておりますが、特に地元岩手県産の魚に関しての品揃えには自信があります。
 近年、日本人の魚食文化や漁獲に関する環境は、大きく変化してきております。その変化に迅速かつ柔軟に対応していく事をモットーとし、常に鮮度を追求する姿勢は不変のスタンスで北東北の食を今後共に支えていきます。

鮮魚部特殊鮮魚課

特殊鮮魚課

 特殊鮮魚課では、養殖魚(ブリ、カンパチ、鯛等)、活魚(養殖魚、天然魚)アワビ、帆立等の貝類、ウニ、海藻類、鯛、平目をはじめとした天然魚、輸入品(養殖サーモン、貝類)など、多種多様な商品を販売している部署です。
販売先は、県内外の取引先をはじめ、仲卸、専門店、量販店等、幅広いお客様との取引をさせて頂いております。
 季節の移り変わりと共に、旬の魚介類を品揃えし、安心、安全で、鮮度の良い、水産物を集荷、販売する事を心がけております。

大物部

大物部
大物部大物課

大物課

 大物部では、本マグロ・インドマグロ(南マグロ)、メバチ・キハダ・カジキなど生鮮、冷凍品(カツオ製品も含む)、マグロ加工製品をすべて相対販売で取り扱っています。
 国内のみならず、海外物の取り扱いもあり、各地の海で漁獲された良質のマグロを集荷、販売しています。地域性もあり、生鮮品の取り扱いが多く、大手量販店、鮮魚専門店、外食産業などの幅広いニーズにきめ細かく応えるよう販売に取り組んでいます。

冷塩部

冷塩部
冷塩部冷凍課

冷凍課

 冷凍課では、国内はもとより、世界の海で漁獲される魚(魚類・イカ類・海老類・カニ類)等を中心に、冷凍のマイナス温度帯で流通する商品を商社等から適正な価格で食卓に供給できるよう、自分達で得た情報と目利きに基づいた仕入を行い、市場内の仲卸、買参人、場外問屋を通じて販売し毎日の食卓を支えます。
 また、漁獲量の減少などに伴い価格の変動も激しくなっていますが、お客様のニーズに応える様、課員一丸となって水産物の安定的供給に力を注ぎます。

冷塩部塩干課

塩干課

 塩干課では、鮭鱒・魚卵・干物と3つの部門に分かれており、それぞれ専門知識をもったスタッフが、お客様のニーズに対応するように正確な情報を分かりやすく説明し、スピーディーに対応するように心がけております。
 三陸沖は、世界三大漁場の中でも世界一の漁獲量を誇る恵まれた漁場です。地産地消を念頭に置きながらも海外の商社、大手水産会社との取り引きもあり、幅広く商品を取り扱いながら県内外へ食材をお届けしております。

加工品部

加工品部

加工品課

 加工品部では、水産物加工品、かまぼこをはじめとする魚肉練り製品、生珍味、乾燥珍味、佃煮、惣菜、漬魚、漬魚切身などを扱っている部署です。
とても細かく幅の広い商品の扱いですが、様々な商品に対応出来る様に、各部門に分かれて専門の担当者が心を込めた営業、対応を致しております。課員みんな仲も良く、仕事のしやすい環境作りを心がけ各自が協力心を持ち、助け合いの精神を忘れずに日々の仕事を頑張っています!

日配チーム
日配チーム

日配チーム

練製品のチルドを中心に練製品の冷凍物まで、各種メーカーを取り扱っております。

珍味・惣菜チーム
珍味・惣菜チーム

珍味・惣菜チーム

佃煮や生珍味などを取り扱っております。

漬魚・切身チーム
漬魚・切身チーム

漬魚・切身チーム

粕漬、味噌漬、西京漬などの切身商材を中心にを取り扱っております。

営業企画部

営業企画部
営業企画部

営業企画課

 営業企画部では、主な業務として、県内のメディアと協同で旬の魚の紹介や料理メニュー提案などを通じて魚食普及活動を進めています。
 食卓からの魚離れが言われておりますが、水産物の「健康で・美味しく・安心・安全」な食のご提案と消費拡大を命題として取り組んでいます。
 また量販店や外食業者などに対し国内外の市況・情報をとりまとめて情報発信し、商談や訪問などを通じて生活催事や旬に合わせた商品提案・販促提案・プロモーションなどを発信し、営業活動のフォローに取り組んでいます。

品質管理委員会

品質管理委員会
 弊社は、事実と異なる表示をした商品を取り扱い、お取引先様や消費者の皆様に、大変なご迷惑をお掛けした過去があります。
その反省を活かし、法に則った商材や取引を担保すべく、会社組織として立ち上げたものです。
 社長を委員長とし、品質管理室と密接に連携しながら、正確な情報のみを発信できる体制を堅持しています。
品質管理委員会

品質管理室

 品質管理委員会では、物理的、化学的検証を行う機能はありませんが、法的に正しい表示がなされているか、表示そのものの内容は正しいのか、毎日検証し、記録として残しています。
 また、品質等のクレームが発生した場合、取引先様とともに原因等を追求し、同様の事案が発生しないよう、品質管理室が中心となって、情報を社内共有しています。

ページのトップへ戻る